就職作文の書き方のポイントは?

では、実際に就職作の書き方はどのようにすればいいのでしょうか?
書いてはいけないこと、反対に書かなくてはいけないこと、
そこにはいくつかのポイントがあります。

一番に、考えていかなければならないのは、なぜ、このような就職作文が課題として出されているかです。
企業が、この課題を出すのは、 作文を通して自分の個性を伝え、希望の動機や考え方などを相手に伝えることが作文の目的です。
つまり就職の作文は、しっかりとした自己分析が出来ていないと書けないものなのです。
では、採用される作文とは、与えられたテーマに対してどう分析し、
どのような順序で、どんなことを書いていけばいいのでしょうか?

就職作文は自分の意見をはっきり述べること!

自己アピールが重要 では、採用される作文とは、与えられたテーマに対してどう分析し、
どのような順序で、どんなことを書いていけばいいのでしょうか?

作文の趣旨を決めて主張をはっきりさせた上で、テーマに沿った事象を文章化しなければなりません。
全く違う意見を言われても、なお自分の意見を押し通せるような強度のある論が構築されていれば、
採用試験で提出できる作文になっています。

題材の内容について、作文を通して詳細に考え方や知識が知りたいと思っている会社は希です。
自分の仕事への努力と挑戦を通じて会社の発展へ貢献し、
会社内での上司に敬意を払い同僚を尊重していくという基本線で主張するしかないのです。

どんなテーマを提示されても、どんな条件がついていても、重要な点はこれに尽きます。
会社はチャレンジ精神があり、前向きな考え方をする人物像を望む傾向がありますので、
人生の在り方を聞かれても、後ろ向きなことは書かない方が賢明です。

会社側が、作文での思想や考え方はどんなものでも構わないと言われていても、 それは言葉のあやでしかない場合もあるのです。 作文でどんなことを書けば就職がうまくいくかを把握しておくことで、自信を持って試験会場に向かえるでしょう。

文体などはですます調が無難

何を書けばいいのかがわかれば、基本的には文体など、細やかな書き方については、あまりこだわることはありません。

ただ、一般的には、「ですます」調で、書く方が無難でしょう。
就職作文を添削する方は、全て上司になるわけですので、敬意を示すためにも、「ですます」調の方がいいでしょう。
就職作文の用紙については、たいていの場合、企業側から指定がありますが、もし、なにもない場合には、作文用紙で書くことが一般的です。
この場合は、手書きが基本。履歴書と同様、その文字に現れる人柄を見ることもあります。
ですので、達筆である必要はありませんが、丁寧に、しっかりと、力強い文字で文章を書きましょう。


手書きは少し濃い鉛筆で

一般的に、薄い文字は、弱々しい印象を与えがちです。
これは就職作文の場合は、マイナスのイメージになってしまいますので、普段の筆圧が弱く、文字の色が薄くなってしまう方は、少し濃い鉛筆(Bや2Bなど)を使って、書くことをおすすめします。
書き方は基本を抑え、自分の意見をはっきりと書くように、気持ちを落ち着けて。

PR

本気で就職活動を勝ち抜こうと決めた方に、おすすめの教材。


【スゴイ内定術】 就職氷河期に最適の一冊。実践型キャリアコンサルタントの最新作!